『えらんでエール』株式会社LIFULL様からのご寄付

このたび、株式会社LIFULL様の『えらんでエール』より、白鳥の森にたくさんのご寄付をいただきました。
『えらんでエール』とは、「生命を維持するために家が必要であるとか、身の安全がそもそも守られていない、最低限の住にすら不安を抱えている方々も一定層いるという社会課題に対し、一時保護となるシェルターの住環境から整えることで、誰もが安心安全な暮らしに出合える世界を目指した活動」で、「LIFULL HOME’Sでユーザーの方が物件を問い合わせした後のアンケート画面で、DVや虐待被害者、経済的困窮により親と暮らせない子どもたち、日本にいる難民の方々、ホームレスなど生活困窮者の方々など、自らエールを届けたいと思う対象者を選ぶと、ユーザーに代わって、LIFULL HOME’Sがその方々の住まいを支援する団体に寄付を行う」というプロジェクトだそうです。
株式会社LIFULL様の社是にある「利他主義」を具現化したかのようなこのプロジェクトが、支援を必要とする方々のみならず社会全体へ与える影響は計り知れないものだと考えます。
今回いただいたご寄付によって、シェルターを改修したり安全強化を図るための機器を設置したり、さまざまな家電を揃えたりさせていただきました。
おかげさまで、一時保護中の被害者さんとその同伴家族の方々が快適に過ごせる空間となり、QOLは各段に向上したと思います。
また、被害者さんが不安な気持ちを抱えて送るシェルターでの日々を株式会社LIFULL様やそのユーザー様に支えていただいたことは、支援者である私たちスタッフの活力にもなりました。
本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

株式会社LIFULL様 ホームページ ⇒ こちら
LIFULL STORIES『シェルターの住環境整備は妥協しなきゃ、なんてない。』⇒ こちら
えらんでエール 第1回レポート ⇒ こちら
えらんでエール 第2回レポート ⇒ こちら

株式会社LIFULL様からのご寄付によってシェルター事業に活用させていただいた物品を下記の通りご紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

「DV法のいま」連載完結!